妊娠中や授乳中のリポドリンは注意が必要

妊娠中・授乳中の赤ちゃんに与える影響は?

今妊娠しているけど、リポドリンがママの体やお腹の赤ちゃんにどんな影響があるんだろう、という人もいると思います。

 

結論から言うと、妊娠中はリポドリンの摂取はNGです。

 

リポドリンには、食欲抑制効果がありますが、実は、これが妊婦にとっては危険な要素を持っています。妊娠中には十分な栄養を摂る必要がありますが、リポドリンの服用によって、食事の量や回数が減ってきてしまうことがあるため十分な栄養を補うことができなくなります。母体に十分な栄養が行き渡らなければ、それは胎児の成長にも悪影響が出てしまうことに直結します。

 

リポドリンは、アメリカでも人気が高く、ダイエット効果が高いために服用しかけたら手放せなくなってしまったということも実際にあります。妊娠中のママにとって欠かせない栄養すら摂ることができなくなってしまい、赤ちゃんが栄養不足に陥ってしまう可能性があるのです。

 

もしリポドリンを飲んでいるタイミングで妊娠してしまった場合は服用をやめるべきですし、妊娠してからリポドリンを飲み始めるのはご法度です。

 

授乳中の赤ちゃんへの影響は?

授乳中は産後太りの影響が強くでる時期で、産後ダイエットをしようと思うママも出てきます。産後ダイエット自体はそこまで悪いことではありませんが、だからといってリポドリンを使うのはおすすめできません。

 

お母さんがリポドリンを服用していることで、その成分は母乳にも影響をおよぼしてしまいます。食欲を抑制する薬ですが、この薬には、大人であっても副作用が報告されてるので、まして、身体が小さく免疫力の弱い赤ちゃんに母乳からリポドリンが取り入れられてしまうと重篤な副作用が報告されてしまうかもしれません。

 

赤ちゃんの成長が阻害されるだけではなく、脳に障害が出てしまうことで後遺症が出てしまい苦しむことになる可能性すらあるのです。このため、妊婦の母体にとっても胎児にとっても、その後の赤ちゃんへの授乳を考えてみても、少なくとも妊娠中や授乳中は、リポドリンの使用は、やめておいた方がいいでしょう。

 

妊活中の影響もありえる

今妊娠していないし、授乳もしていないならOK、というわけにはいきません。もし今妊活をしているなら、リポドリンは飲まない方がよいでしょう。

 

なぜなら、そもそも妊活中のダイエット自体がおすすめできないからです。ダイエットをすると栄養不足の状態になりやすいですが、そうすると生理不順などの状態になり、妊娠しにくい体になってしまいます。リポドリンで食欲を抑え込んでしまうと、本来妊娠に必要な栄養素までも不足する傾向になるのです。妊娠するには、ダイエットは避け、十分な栄養をとって健康に過ごすことが重要なのです。

 

もし妊娠を目指しているなら、リポドリンがどうこうというよりも、ダイエットそのものをやめるべきです。ダイエットは妊娠確率を下げることは明白なので、リポドリンを飲んでいたならいったんやめ、新たに飲むということも避けて妊活に専念するようにしましょう。