リポドリンと過食症・過食嘔吐の関係

リポドリンが過食症・過食嘔吐に活用できる?

 

過食症・過食嘔吐になってしまうと、体重が増えるケースも多くなります。そこでリポドリンを使おうと思う人もいるかもしれません。

 

ここでは、過食症や過食嘔吐が、リポドリンによって改善できるかどうかを考えてみます。

 

そもそも過食症・過食嘔吐とは

 

食欲が爆発してしまい、大量に食べてしまうのが「過食症」となります。また、食べたものを吐き出すと「過食嘔吐」と呼ばれる状態となります。逆に、食欲がなくなってしまい、食べる量が激減するのが「拒食症」です。

 

これらの症状はまったく逆のものに思えるかもしれませんが、食欲が変化するという意味では同じになります。そのため、まとめて摂食障害と呼ばれています。

 

摂食障害は多くの場合、

 

  1. 抑うつ症状
  2. 自傷行為
  3. アルコール依存症
  4. 不安障害・PTSD

など

 

これらの症状と併せて現れることが多くなっています。そのため、摂食障害は精神疾患の一種と考えられています。

 

具体的に言うと、心のどこかにある「やせ願望」が表に出てくることで摂食障害を発症してしまうということになります。やせ願望と過食症・過食嘔吐はイメージが結びつきにくいですが、「本当はやせたいのに、食べてしまう」という部分では拒食症とよく似ています。実際、拒食症と過食症を繰り返してしまうケースもよくあります。

 

リポドリンは過食症・過食嘔吐には利用しないほうがいい

 

過食症は食欲が異常に高まってしまう症状なので、例えばアメリカでは食欲抑制剤(ジブトラミンなど)を処方することが多いです。高まった食欲を薬で抑えるわけです。

 

しかし、日本ではジブトラミンなどは認可されていません。そのため、食欲を抑えようとしてリポドリンを利用しようとするケースが多くなっています。

 

まず第一に、リポドリンの食欲抑制効果では、過食症・過食嘔吐の食欲を抑えることは難しいでしょう。過食症の食欲は非常に強く、「ついつい食べ過ぎてしまう」といったレベルとは全く違います。リポドリンはあくまでダイエットサプリなので、日ごろの食べ過ぎを抑えることはできても、過食症のような強烈な食欲を抑えるまでの力は見込めません。

 

第二に、本人に合っているかどうかわからないという問題もあります。アメリカで食欲抑制剤がつかわれるといっても、それは患者の性格に合っていると判断されたからです。性格によっては、薬に頼ってしまって大量摂取に繋がってしまうこともあるので、「この人はオーバードーズはしないだろう」と判断された人にだけ処方されることになります。

 

なので、もし薬に頼りがちな性格の人の場合、リポドリンを用法・用量以上に摂取したり、期間の制限を無視して服用し続けてしまったりなどの可能性があります。そうなると副作用のリスクは高くなるので、危険性もアップするでしょう。

 

繰り返しになりますが、「ついつい食べ過ぎて太ってしまう」と言う人の場合はともかく、摂食障害のような強い食欲が抑えられないケースでは、リポドリンはあまりおすすめできません。もし過食症・過食嘔吐の恐れがある場合は、専門の精神科などで適切な治療を受けるようにしましょう。