リポドリンとインフルエンザの関係とは?

リポドリン服用中のインフルエンザ予防接種や治療薬服用はOK?

 

リポドリンは2か月間、ハードコア・エクストリームだと3か月以上の服用となるので、その間にインフルエンザのシーズンに入ることもあるでしょう。予防接種をしたり、「イナビル」「タミフル」「リレンザ」などのインフルエンザ治療薬を服用する可能性もあります。

 

リポドリンとインフルエンザ予防接種の関係

 

インフルエンザの予防接種は、いつでも自由に受けられるわけではありません。

 

  1. 発熱がある人(37.5度以上)
  2. 急性疾患がある人
  3. 予防接種でアレルギー症状を起こしたことがある人
  4. 医師に予防接種がダメと判断された人

 

↑の条件に当たる場合は、インフルエンザの予防接種を断られる可能性があるのです。

 

ただ、基本的にはリポドリン服用中に上記の条件にあたることは少ないので、予防接種できないということはめったにないでしょう。

 

もしNGとなる状況があるとしたら、それはリポドリンの副作用が出ているケースでしょう。リポドリンには吐き気などの症状があるため、なにかの「急性疾患」と判断されて予防接種できないかもしれません。

 

→リポドリンの副作用|下痢・便秘や動悸が起こることも

 

また、リポドリンで食欲を抑制した結果、体力が落ちてしまい、元気がなさそうと判断されて予防摂取できない可能性もあります。

 

いずれにしても、医師が患者の様子を見て決めることなので、よっぽど弱っていると判断されない限りは問題ないでしょう。

 

インフルエンザ治療薬(イナビル・タミフル等)との併用はOK?

 

インフルエンザになって病院にかかると、タミフル、イナビル、リレンザといった抗インフルエンザ治療薬が処方されます。そこで、これらとリポドリンとの併用が気になるかもしれません。

 

まず併用の可否についてですが、原則としては問題ありません。リポドリンに含まれるエフェドラエキスは、インフルエンザ治療薬とは併用注意ではありません。

 

→リポドリンの飲み合わせまとめ|あの医薬品は併用注意?

 

ちょっと注意したいのが、タミフルとリポドリンの相性です。リポドリンには不眠の副作用がありますが、タミフルにも同様に不眠の可能性があります。なので、症状が合わさって眠れなくなってしまう可能性があるのです。

 

ただそうはいっても、そもそもインフルエンザにかかっている間はリポドリンを服用する必要はないわけなので、それほど併用を心配することはないでしょう。タミフルは5日間の服用で終わりなので、リポドリンは控えて、5日間タミフルを飲みきるまで我慢するのがよいでしょう。

 

なお、リポドリンに含まれる「エフェドリン」は、インフルエンザの治療時にも使われる医薬成分です。そういった意味でも、リポドリンとインフルエンザ治療薬の併用は問題ないと考えてよいでしょう。

 

リポドリンの効果については →リポドリン効果【最安値・安全通販虎の巻】 で解説しているので、併せてご確認ください。